TAP JAM CREW

Aska ShiozawaTAP

TAP

15歳でタップダンスを学びはじめ、佐藤昇氏、服部百合子氏らに師事。
高校在学時から、東京を中心に数々のショーケース、セッションなどのイベントに出演。

大学卒業後、単身渡米し、2年間NewYorkにてタップダンスをオフブロードウェイミュージカル「STOMP」出演などで知られるNicholas Youngに師事。
その他にも, Michelle Dorrance, Jared Grimes, Derick K Grant, Andrew Nemr, Jason Samuels Smith, Dormeshia Sumbry-Edwardsらといった現在もっとも世界的に活躍している面々からも教えを受ける。

在米時、Michelle Dorranceの「Dorrance Dance」, Nicholas Youngの「Sound Movement Dance Co.」, Chloe Arnoldの「Apt.33」など多くのダンスカンパニー、チームに所属し、数多くのショーに出演を果たす。
また、ストリートパフォーマンス、ダンスコンテスト・バトルへの参加、ジャズセッションでの即興パフォーマンスなども場所を選ばず勢力的に行い、さまざまな経験を積む。

2013年11月に帰国、日本での活動を再開する。

achieve

    「Tokyo Internatinal Tap Festival」にて、日本の若手タップダンサーの代表として選抜されたYoung Hoofersの一員として出演(2009,2010)
    KORG "Wavedrum mini"のプロモーションムービーに出演(2011)
    「Rep Your Style」 All Genred Dance BattleにTAP SIDE勝者として参加、BEST4(2012)
    Danspace ProjectによるMichelle Dorranceのショー「SOUNDspace」に出演(2013)
    「Tap 4 Life Cutting Contest」(Tap dance battle)に参加、優勝(2013)
    New York Tap Festival「Tap City」にて、ゲストダンサーによるショー「Tap Internationals」に出演(2013)

message

今までにない、新しいスタイルのパフォーマンス、ぜひ一度体感してみてください!

BACK TO ALL