TAP JAM CREW

安藤 康平SAX

SAX

1989年生。幼少より様々なジャンルの音楽に親しむ。
中学入学とともにJazzSaxを独学で始め多くのバンドに参加し演奏経験を積む。

音楽大学へ進学し理論、奏法を小濱安浩氏、池田篤氏、勝田一樹氏等に師事。
また2011年に単身渡米。
ニューヨークのミュージシャンと親交を深め、多くのセッション、ライブに参加。
Soul,R&Bのメッカ”Village Underground”のセッションにて好評を博し、毎週のホスト演奏にも参加。

帰国後はクリヤマコト氏の主催するコンテストで準グランプリを受賞し、同氏とBlue Noteにて共演を果たす。
“山野ビッグバンドジャズコンテスト”において最優秀ソリスト賞を受賞。
さらに同年”東海ビッグバンドコンテスト”においても同じく最優秀ソリスト賞を受賞する。
2012年夏、地元名古屋から東京に活動の拠点を移し、数多くのセッションに参加。
後藤克臣氏のElectrik Jinja Bandでの活動を中心に自身のJazz Sax奏者としての活動のみならずメジャーアーティストのサポート、レコーディングなど活動の幅を広げている。

表現者としての様々な活動を積極的に行い、次世代のSax奏者として多方面で注目を集めるプレイヤーである。
Black Musicに強く影響を受けたエモーショナルかつメローなサウンドを特徴とする。

achieve

    山野ビッグバンドコンテスト 最優秀ソリスト賞受賞
    東海ビッグバンドコンテスト 最優秀ソリスト賞受賞
    クリヤ マコト アドリブコンテスト 準グランプリ受賞
    主なサポート
    加藤ミリヤ、清水翔太、GENERATIONS、福原美穂、BENI

message

こんなに楽しい音楽の遊び場がどこにある?

parsonal page

BACK TO ALL